「世界コスプレサミット(WORLD COSPLAY SUMMIT)」 Part 3

今回は前回のブログで書いた”「あんなに近くでストロボを使ったら光が硬いよね」”と発言した意味を説明します。

まず光が「かたい・やわらかい」というのは光の質の表現する言葉です。皆さんも「やわらかい光」などと表現するので何となく雰囲気はつかめると思います。その違いをわかりやすく言うと「やわらかい光」は光と影の差が少なく境界がボケている、「かたい光」は光と影の差が大きく境界がはっきりしているということを表現しています。

そして「あんなに近くでストロボを使ったら光が硬いよね」”は何を表現しているかということですがまず、ストロボというのは基本的に光の直進性が強いという事を認識しなければなりません。その上、クリップオンストロボは基本的にカメラ上部につけるので被写体との距離がコントロールが難しいです。そして光の性質上、距離が近いと硬くなります。構造上、カメラの上部にストロボを付けている為、距離を遠くしようとすると画角と構図が変化してしまいます。

光の直進性が強いストロボでさらに被写体との距離が近い為、光がかたくなりがちなので「コントラストが高すぎて影が強くなるので女の子を綺麗に優しく撮れない」ということになります。仕事で撮影する場合は特別な意図がない限りストロボなどの「硬すぎる光」をどれだけ自然に見せるかがカメラマンのライティング能力です。もし女優さんの撮影で硬いライティングで撮影したら、2度と仕事は来ないという悲しい事態になります。その他にもう一つ、大事なファクターがありますがちょっと専門的になりすぎるので今回は省略します。

クリップオンストロボに限らず、光が強すぎて影が出すぎる時のプロカメラマンの対策法を皆さんに教えます。

光が硬すぎる場合にプロカメラマンがすること

光源の前にトレぺなどの光を通す紙や布、半透明のプラスチックなどを使用すると光の質を柔らかくすることができます。例えば窓からの光がメイン光の場合にはトレペを貼るだけで光が柔らかくなります。光の柔らかさはトレペを重ねて貼ることでコントロールできます。同じようにクリップオンストロボの時もストロボが光る部分にトレペを貼るといいです。ただ、ぴったり貼ると熱を持つのでU字状に貼るのがコツです。

写真技術についてはここまでにします。今後も機会があれば撮影機材やテクニックについて書きますのでヨロシクです😄

 

この後は前回に引き続き世界コスプレサミット(WORLD COSPLAY SUMMIT)で撮影した写真を紹介します。

ひま莉さん

Canon EOS-5DsR Sigma 50mm F1.4 DG HSM【ISO100 シャッタースピード1/350 絞りF2.0 マニュアルモード】 Photo : Naovic CN : ひま莉
表現力がとても豊かで一緒に作品撮りしたいレイヤーさん

 

ぬるるさん

Canon EOS-5DsR Sigma 50mm F1.4 DG HSM【ISO400 シャッタースピード1/90 絞りF2.0 マニュアルモード】 Photo : Naovic CN : ぬるるさんとお友達
Canon EOS-5DsR Sigma 50mm F1.4 DG HSM【ISO400 シャッタースピード1/125 絞りF2.0 マニュアルモード】 Photo : Naovic CN : ぬるるさんとお友達
Canon EOS-5DsR Sigma 50mm F1.4 DG HSM【ISO400 シャッタースピード1/125 絞りF2.0 マニュアルモード】 Photo : Naovic CN : ぬるるさん
Canon EOS-5DsR Sigma 50mm F1.4 DG HSM【ISO400 シャッタースピード1/125 絞りF2.0 マニュアルモード】 Photo : Naovic CN : ぬるるさん
クールな表情がとても素敵ですが実際はとても明るく楽しいレイヤーさんでした

 

 

 

 

 

☆掲載にあたってレイヤーさんご本人に許可をいただいています☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です