「MacBook Pro」の容量が足りないのでSSD換装!

MacBook Proとカメラを直接つないで撮影することがあるのですが最近のカメラは撮影データの容量が増えてきているので対応しきれなくなってきました。ちなみに僕が使っているMacBook Proは(Early2011 15-inch)です。古いので買換えも検討しましたがスペック的に不足はないのでSSDを換装することにしました。

MacBook Pro(Early2011 15-inch)

困っている3つの事

1.絶対的に保存する容量が足りないのでMacBook Proに撮影データを保存することができないということです。カメラをつなぐ場合は対策として外付けHDに直接、保存していますが動作が安定しないという事がネックになっています。

2.Photoshopは仮想ディスクというものでメモリーが足りない部分を補うのですが空きがないため、補う事が出来ずに動作が緩慢になったり、アプリケーションが落ちる事があります。

3.容量が足りない事でOSの動きが不安定です。

 

「SSDの選定」

1.容量

現在のSSDが128GBです。最近の撮影データ量から考えるとなるべく大容量なものがいいですがコストを考えて1TBにすることにしました。

2.機種

MacBook Proに対応していて信用のあるブランドのものであることを条件としました。その結果、Crucial MX500 SSDに決めました。

3.金額

Amazonで34,980円(2017.12.26)です。今までのデータコピー作業の煩わしさやphotoshopの緩慢な動きが無くなると思えば安い出費です。1TBのSSDが3万円代ってすごく安くなりました。ハードもどんどん良くなっていますが写真のデータ量も増えているので作業時間はあまり変わらないという終わりなき旅な感じですね。

Crucial MX500 SSD【CT1000MX500SSD1/JP】

工具

換装は自分で行うため、必要な工具を調べたところ精密ドライバーの+とヘクスローブドライバのT6が必要とのことなので合わせて購入することにしました。

換装作業

年末ですので換装作業は年明けに行います。MacBook Proを使用する撮影が1月9日にあるので失敗すると大変なことになります。新年早々、緊張感MAXですね。成功しても失敗しても換装の結果を報告します。

 

 

遂に換装作業をしました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です