古いMacBook ProなのにEOS-5DsRのデータがサクサク動いて感動!

古いMacBooK Pro(15-inch, Early 2011)のパワー不足が目立つようになってきました。7年も前の機種なので仕方がない部分はありますがCPUはCore i7-2635QMなのでまだまだいけるはずです。
ボトルネックの部分を探すとハードディスクが一番怪しいので変えることにしました。ハードディスクの容量は500GBで回転数は5,400rpm、3Gbpsというスペックです。これを最新のSSDに換装するとかなりの性能アップが期待できるはずです。
換装するSSDは容量や速度などを考慮しCrucial SSD 1000GB 内蔵2.5インチ 7mm MX500 (CT1000MX500SSD1/JP)をチョイスしました。

換装方法【準備編】

まずはデータを移動させるためにUSB経由でクレードルを接続し、クレードルに新しいSSDを差し込みます。

 

MacBook Proを再起動させます。再起動を始めた直後に「commnad+R」を押し続けユーティリティウィンドウが表示されたらOKです。ウィンドウからディスクユーティリティを起動させ、メニューの復元を選びます。復元先を新しいSSD、復元元を内蔵ハードディスクを選びます。容量にもよりますがかなりの時間がかかりますのでしばらく放置することになります。

 

換装方法【分解編】

データのバックアップが終了したらMacBooK Proの分解作業に入ります。Apple製品らしくアクセスはあまり良くありません。天面が傷つかないように柔らかい布を敷き、その上に本体を置きます。次に底面パネルを外していきます。

 

底面パネルのネジは全部で10本、長さが違うものもあるので外す際は注意してください。ネジはとても小さく僕は精密ドライバーの#000を使用しました。

 

ネジを全て外すと底面パネルが外れます。ストレージベイは左下です。

 

ハードディスク周辺にある4本の黒いネジを外します。ハードディスクについている白いフラップを持ち、引き上げてハードディスクを外します。ハードディスクにはSerial ATAの薄いフィルム上のケーブルが使用されているので細心の注意を払ってハードディスクからケーブルを外します。

 

ハードディスクにはさらに4本の固定具が装着されています。この固定具の取り外しにはT6のヘクスローブドライバーが必要となるので注意してください。4本全て取り外します。

 

これでハードディスクの取り外しは終了です。この逆の手順でSSDを取り付け、底面パネルを戻したら作業は終了です。

「TRIM」

最後の作業として「TRIM」をONにしなければなりません。「TRIM」とはSSDを使用する際には必要な機能です。新しい機種であれば最初からONになっていますが古い機種はONになっていないものがあります。まずONかOFFか確認をします。
メニューから【移動】→【ユーティリティ】→【システム情報】を立ち上げます。そのウィンドウの左側から【SATA/SATA Express】を選択し、SATAに接続された機器が右側に表示されるので取り付けたSSDを選択します。そうすると右下にSSDの詳細が表示されるので項目の中から【TRIMサポート】を見ます。「いいえ」の場合は有効化されていないので有効化します。僕のマシンも古いので見事に「いいえ」でした。

 

「TRIM」を有効化する方法

ターミナルを使用します。ターミナルを起動したら【sudo trimforce enable】と入力します。パスワードを設定していればパスワード入力画面が表示されるので入力して下さい。その後、確認画面が2回出るので全て【y】と入力します。入力が終わると自動的に再起動が始まります。念のため、再起動後に【システム情報】を確認して【TRIMサポート】が「はい」になっていれば無事に有効化が終了です。

 

SSDにした結果

ベンチマークテストを行った結果、ディスク関係は6倍程度、スピードがアップしました。起動速度も半分以下になり、静かでパームレストが熱くない上、バッテリーの持続時間も向上しているはずです。
デメリットは作業の手間くらいでメリットは計り知れません。古いMacBook Proをお持ちの方にはぜひ、オススメしたいです。

 

 

 

 

オススメはこのSSDの一択です。ノートPCで1TBもあれば困ることはないですよね。

 

精密ドライバー、ヘクスローブドライバー以外にも全部入り!今回の作業で使用したドライバーセットです。