「ハッセルブラッド マウントアダプター 」

今日はハッセルブラッドのレンズをCanon Eosにつけるマウントアダプターを紹介しますね。これを持っている人は少ないかもしれないけど今日の話を聞いて興味を持ってもらえたら嬉しいですね。写真が変わりますよ!

はじまり

フィルムカメラが現役だった頃、憧れのカメラがハッセルブラッドでした。初めて触った時の感触を今でも忘れません。スクエアなボディにマガジンを装着しT*のカールツァイスレンズをつけた時のレンズの重み。ウェストレベルのファインダーから見た世界は左右反対でのぞくだけでプロカメラマンになった気分でした。ツァイスレンズで人物を撮影した時の写りは抜群で写りの良さに時間を忘れて現像したポジをルーペで見続けていました。最近、仕事も作品も人物撮影に力を入れていて、またツァイスのレンズを使いたいなと思い始めていました。

 

ハッセルのレンズを使うためには

現在のメイン機種はCanon EOS 5DsRです。このカメラにハッセルブラッドのレンズをつけるためにはマウントアダプターが必要になります。その為、マウントアダプターを購入しました。

 

外箱を見るとハッセルブラッドという文字に心がそそりますね。

 

取扱説明書は必ず読みましょう!

マウントアダプターの素晴らしさ

通常では組み合わすことができないボディとレンズの組み合わせで使用できることです。レンズには特性がある上、写りを考えると単純に新しいものや純正が良いわけではないです。被写体によってレンズを使いわける事ができればベストの選択ができます。そういう様々な理由で写真が成り立っている事が写真の楽しいところであり、奥深いところです。

次はレンズを買います!購入したら紹介します。めちゃめちゃ待ち遠しいですー